A-7 Corsair II
A-7 Corsair II  の初飛行挑戦しました。
天気予報では早朝から10時まで好天らしいので朝8時飛行場に着きました。
東向きの河川敷なので早朝は逆光で眩しいのですが、ウォーミングアップにエンルートのWACOでスローフライトを10分位しました。 無風で蒸し暑い中タッチアンドゴーの練習をしました。 ほんとこの機体は癒されます。



f0180865_15474873.jpg




そしていよいよ本日のメインイベント A-7


f0180865_15502264.jpg





脚はありませんので手投げです。
3S 2250mAhで飛行重量750g カナリ重いですが高翼なので持ち易いです。
フルスロットルで手投げ・・・おお沈み込みも無く綺麗にまっすぐ上昇を続ける・・・・
か・・・カッコイイ!!・・・そのままの角度で距離300m高度50m位まで上昇・・・
ハーフリバース・キューバンエイトで戻って来る・・・ そのまま再び上昇して上空トリム調整の直線飛行・・・・・おお!ほとんどトリム取らなくて大丈夫だ!!・・
そして風下でのハーフリバース・キューバンエイト・・・綺麗に決まった!!

これ イイ!!


EF-16の操縦感覚とソックリ!! まぁプロポ設定はEF-16のコピーですが・・・
速度はEF-16より遅く EdoのF-4より早い F-35より少し遅い・・・そんな感じ・・
パワーオフでの滑空も非常に浮きの良い安定した走り・・・

当初心配していた推力も申し分無い・・・。  非常に座りの良い安定した飛行の出来る機体です。


EDFユニットは水平尾翼の直前。 付属していたパーツ分解図面には水平尾翼の位置にユニットを付ける設計のようでしたが、この位置に固定したらメンテナンスが出来なくなるので前方に設置しました。
フロント吸気口が小さいので主翼後端胴体左右に吸気口を新設しました。 大きさは縦20mm幅40mmでEDFに向けて斜めに開口。
f0180865_16222250.jpg





f0180865_16294468.jpg





f0180865_16303386.jpg





この飛行機キットには親切な取説は付属していませんので 「モンゴルさん」と「台長さん」の製作記事を参考にさせていただきました。有難うございました。
(ただし購入先が違うのでEDFユニットは異なります。私のは64mm3800KV)

モンゴルさん「モンゴルRCワールド」
http://www.geocities.jp/mongorurcw/


台長さん「青梅電脳通信台」
http://sky.geocities.jp/oumeastro/astrotop





by WCN_EDF_RC | 2008-09-21 16:44
<< トップへ戻る  新 << 初フライト2機 F-16のお手入れ >>