芝裏第2飛行場
本日芝裏飛行場の正面に位置する水路側道を滑走路として使う実証実験を行いました。
f0180865_21311735.jpg

我が航空隊のスケールプロペラ機の中では最もパワーが有り安定した飛びで定評の
ウルトラフライFW-190を使用して2フライト離着陸を行いました。

側道の幅は左岸4800mm 右岸5300mmです。 今回は左岸の狭い方で行いました。
完全コンクリート舗装された平滑な路面で離着陸とも意外と安定した滑走が出来ました。
草地の滑走路と比較して平滑なので路面に振られる事は皆無でした。
着陸は滑りが良いのでナカナカ停止しません。
水路側に落ちる恐怖感は無いと言えば嘘になりますが、慣れれば全然問題無さそうです。
側道脇には草むらが有るので胴体着陸機も対応可能です。

安全対策は中央の橋の上や右岸側に一人居れば左右から近づく一般車両や散歩人が
かなり遠くから確認できますから安全対策上は非常に良い位置です。
上空飛行は右岸の広大な草むら上空を飛行しますので通行人に恐怖感を与える事も有りません。

ヘリの飛行は中央橋の上にて操縦すれば丁度見通しも良くて、着陸は橋の上に着陸できます。
f0180865_2130401.jpg

駐車場とピットは草むらの上に確保できますので通行の妨げになる事もありません。

水路はおりしも豪雨の影響で現在適度な水深(30cm位)が有り、水上機やボートが最適です。

当分の間はこの場所を芝裏第2飛行場として使ってみます。

パノラマ写真
f0180865_1474046.jpg


もう一箇所、以前の飛行場から下流に100m位の位置にとても良い場所が有ります。
ここは冬場に草が枯れて見通しが良くなってから使用したいと思います。 今現在は
下の水路側道が見えないので安全対策上2~3人規模では問題が有ります。
地面の状態は非常に良いです。

f0180865_21375224.jpg

by WCN_EDF_RC | 2009-07-04 21:37
<< トップへ戻る  新 << 芝裏第2飛行場 2日目 Fitの保険 >>